STUDIO F+のPhoto Blog

デジタル映像スタジオSTUDIO F+の写真専門ブログです

(スマホ写真)彼岸花

現在STUDIO F+の最新作を編集中です

まだまだ完成への道のりは長い

 

コロナでなかったらとっくに完成している

はずなんですが

 

さて

ここ2〜3年でしょうか

近所にあったレンタルDVD屋が次々閉店してます

 

レンタルビデオ店が隆盛していた時代が

遂に終わろうとしていますね

 

レンタルして自宅で映画を観るという形から

Netflix、アマゾン、ディズニープラスに

代表されるストリーミングでの視聴へと

大きく変わっていっています

 

特に

コロナ下にあった、ここ2〜3年は

自宅で待機せざるおえない状況が増え

Netflix、ディズニープラスなどの

ストリーミングへ入会する人が増加

 

また

スマートフォンで動画を視聴することが

日常になった10代〜30代がテレビではなく

自分の好きなタイミングと場所で

動画や映画を視聴できるようになったのも

大きな影響があったよう感じます

 

レンタルビデオ屋はいずれなくなるだろうと

約10年前ぐらいから噂はされていたのですが

日本も遂に大きな転換期を迎えています

 

すでに

私が4年間生活をしていたアメリカでは

2010年に大手ビデオレンタルチェーン

Blockbuster(ブロックバスター)が倒産など

アメリカは日本よりも先にビデオレンタル事業から

ストリーミング事業へと転換されていたのでした

 

さて

ビデオレンタル屋は世界各地で消滅しつつ

ありますが、果たして映画館は?

 

テレビがYouTubeの影響もあり

その影響力が失われつつありますが

映画館はどうなっていくのか?

 

アメリカに住んで驚いたことは

アメリカではテレビ番組を視聴するには

ケーブルテレビに加入し

お金を払うことが当たり前だったこと

 

ケーブルテレビなしでもPBSやABCといった

チャンネルは無料で視聴できたものの

アメリカではテレビを視聴することは

ほぼ有料

 

「ゲームオブスローン」など

今も変わらずヒットドラマを作り続けている

HBOの番組を見ようと思ったらなおさら

別料金がかかります

 

日本ではNHKが公共番組を理由に

視聴料を請求していますが

果たしてこれは正しいやり方なのか?

 

「公共」というのであれば

無料で国民に必要な情報(ニュース、天気予報など)

提供すべきではないのかな?と

 

日本の民放が無料で視聴できるが故に

日本のテレビ番組はいまだ影響力を

持ち続けているように思います

 

ただし

今の日本のテレビ番組は面白くないですね

 

私が子供の頃はテレビ、ラジオ、映画

ぐらいしかメディアがなかったからでしょうか

多彩なジャンルの番組があったように

思えたのですが

 

自分が大人になってテレビ番組がどのように

制作されているか知ってしまったからなのか?

それとも

テレビというメディア以外にネットという

世界が広がってしまったからなのか?

 

今のテレビは

ジャニーズ、吉本興業所属のタレントを筆頭に

何度も同じ人ばかりしか出てこない

 

そもそもテレビ番組は

お金を出しているスポンサーの商品を

広告として売り出すのが本来の目的

 

そのためテレビ番組の制作会社は

多くの視聴者を集めるテレビ番組を作ることが

絶対条件となり

 

それゆえに

視聴率が高い番組ほど重宝され

視聴率を取れるタレントを起用したがるのは

変えることができないシステムなのでしょう

 

私が好きな「映画」は

お客が自らお金を支払って観に行くもので

テレビとはその趣旨が異なるものの

 

過去の日本でヒットしたとされる

日本映画を冷静に見てみると

電通やらテレビ局やらが関与したものが

多く見受けられ

 

テレビの視聴率とまでは言わないが

興行収入が重視されていることがわかります

 

「映画」もショービジネスである以上

かけた製作費を回収できる以上の収益を生まないと

次の作品の製作ができませんし

利益が出ないとキャスト、スタッフのギャラも

支払うことができません

 

あの宮崎駿監督率いるスタジオジブリですら

ナウシカ」以降はいかにお客を呼び込むか

ヒットさせる映画にするかが重視されており

 

宮崎駿監督という類稀な映像作家の才能が

あっただけではなく

映画に投資した各種スポンサーにも

利益を還元できる収益を上げたからこそ

ジブリは存続ができたのだと思います

 

他人のお金を集めて、またはお借りして

「映画」を作るということは基本的に

利益を生み出す作品を製作しないといけない

 

そこには映像作家の作家性が反映されようが

されまいが関係はないのでしょう

 

そんなことを考えていくと

自費で製作した「自主映画」とは

その映画が面白い、面白くないとか

興行収入がいくら入ったかなど関係なく

プロデューサーの意見など入る隙間もないくらい

映画を作った映画製作者の個性が余すところなく

反映されうる唯一無二の「映画」になるのだろうと

 

「映画」が投資ビジネスの駒になっている

メジャーな商業映画とは異なる「自主映画」は

もしかすると個人の想いが唯一反映することができる

独特な世界を表現できる貴重な「映画」として

後世に残っていくのだろうと信じています

 

さて再び編集作業に戻ります

 

最後に

ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!

ウクライナに平和を!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCC4wXKHJNR-HkZJ7onE2BLw

 

旧STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

 

(自主映画) STUDIO F+の最新作編集中


f:id:studiofplus:20220909190951j:image

すでに9月なりまして
STUDIO F+ (スタジオエフプラス)
自主映画の編集を進めています
完成にはまだまだ時間がかかりそうです
 
話題を変えて
漫画ワンピースの映画「FILM RED」が
興行収益100億円を越えたそう
 
ワンピースをまったく知らないので
どうでもいい話なんですが
 
最近の日本の劇場アニメ作品は
劇中の楽曲を全面に押し出して
宣伝効果を高めつつ
さらに
入場者限定プレゼントを複数回用意して
劇場リピーターを増やす傾向があります
 
鬼滅の刃」しかり
「ワンピース」しかり
です
 
映画興行収入をアップさせるには
人口減少が進んだ日本においては
リピート率をあげるしかなく
 
いかにして
映画館に複数回お客を呼び込むかが
大切なポイントに
 
映画館に行かないともらえない
限定グッズの配布は
客寄せパンダ的な効果があるようで
 
映画自体の面白さでリピート率が
自然に上がるのを待つよりも
限定グッズというモノで釣って
リピート率をあげるというやり方は
即効性はあるのだろうと思います
 
ただし、映画そのものが本当に
面白い映画であるにも関わらず
残念ながらヒットに繋がらない映画も
たくさんあるのも事実で
 
例えば
日芸大学院時代にお世話になった
松本俊夫監督の手掛けた映画
「修羅」という作品
 
松本監督曰く
「まったくお客が入らなかった」
とのこと
 
私はこの映画をDVDで鑑賞したのですが
ビックリするほど暗い内容ながら
とても面白い映画だと思いました
 
 
大ヒットしている映画が
本当に面白い映画ばかりなのかと言えば
決してそうではないことが多いのも事実
 
宣伝にダマされる場合も多く
大勢のお客が見に行っているから
その映画が面白いのか?と言えば
別の話なような気がします
 
ジブリの鈴木プロデューサー曰く
ナウシカの時に東映のプロデューサー
から、これで宮崎さんもおしまいだなと
興行収益が伸び悩んでいたナウシカを見て
言われたことがきっかけで、映画は宣伝力だと
あらためて気がつかされた」という趣旨の
話をしてた記事を読んだことがあります
 
私が中学の時に劇場で見た作品であり
いまでも「未来少年コナン」と
ナウシカ」はベスト宮崎アニメだと
思っています
 
ただ「ナウシカ」にせよ「カリオストロの城
にせよ、宮崎アニメの歴代興行収入の中では
かなり低い作品です
 
つまり
公開当時、お客が入らなかった
ヒットしなかった映画だったのです
 
鈴木プロデューサーは「ナウシカ」の
失敗からプロデューサー業をいちから
学び直したと語ってますが
確かに「ナウシカ」後のジブリ
映画宣伝は大きく変わっていきます
 
コンビニのタイアップから
劇中歌を全面に押し出したイメージ戦略
効果的なTVスポットCMを流す
などなど
ありとあらゆる方法で
お客を映画館に呼び込む仕掛けを作り
稼げる宮崎アニメを鈴木プロデューサーは
作り上げていきます
 
 
ヒットしなければ二度と映画が
作れなくなる映画ビジネスとは
なんとシビアな世界か
 
お笑い芸人になる方が
映画製作者よりもずっと
夢がある世界であるのでは?
と思う時があります
 
さて、再び編集作業に戻ります
 
最後に
ウソばかりついている
ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!
ウクライナに平和を!
 
新STUDIO F+のYouTubeチャンネル
 
旧STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル
 
STUDIO F+公式ホームページ

(映画監督)澤井信一郎監督のサイン

ようやく自主映画の撮影(メインパート)が

終了し、ひと息つくまもなく編集作業に

取りかかっています

 

自分の部屋を片付けをしていたら

日芸大学院時代の資料が出てきまして

「映画館物語2007-2008」という

博士修了製作作品の資料のなかに

特別講義の授業を受けた、

映画監督、澤井信一郎監督から頂いた

サインが出てきました

 

澤井信一郎監督は2021年9月3日に

お亡くなりになった日本映画界を

代表する有名な映画監督です

 

代表作に

野菊の墓」(1981年)

Wの悲劇」(1984年)

「時雨の記」(1998年)

など

 

私が大学院の学生時代に特別講師

として澤井監督が授業を行い、

薬師丸ひろ子さんが主演した

Wの悲劇」(1984年)が好きで、

私が映写技師をしていた頃には

吉永小百合さんの「時雨の記」を

上映しましたと、澤井監督に伝えると

澤井監督自らサインをしてくださいました

 

これがサインです

 

STUDIO F+

授業ということもあり、
色紙など持ち合わせていなかったため
大学のノートにそのままサインを
してくださいました

 

実はこのサインの上側に
澤井監督の住所も書いてもらったのですが
さすがに掲載するわけにはいかず
カットしてブログに掲載しました 

澤井信一郎監督が当時、出版された本が
コチラ

 

「映画の呼吸 澤井信一郎の監督作法」

 

澤井監督が手掛けた作品など、

映画製作にまつわる裏側を

澤井監督が書かれた本です

 

私が大学院博士過程を修了したのが

2009年ですので、はや13年が過ぎました

 

澤井信一郎監督のエピソードについては

私の過去のブログでも書きましたが

日本映画の第一線で活躍された

澤井監督の功績は当たり外れの興行収益は

あるものの、どの作品も味わい深い作品

ばかりです

 

ぜひ、澤井信一郎監督の作品をご覧ください

 

 

Wの悲劇 [ 薬師丸ひろ子 ]


吉永小百合 時雨の記 【DVD】

 

最後に

ウソばかりついている

ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!

ウクライナに平和を!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCC4wXKHJNR-HkZJ7onE2BLw

 

旧STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

 

 

クランクアップ

2020年からスタートした自主映画製作
三年かかってようやく2022年8月21日に
メインパートの撮影が終了しました!


f:id:studiofplus:20220829232955j:image

長かった~
コロナ感染症がなかったら
2020年に撮影は終了していたのですが
コロナの影響をモロに受け
撮影がたびたびストップに

 

日芸大学院の博士修了製作作品として
撮影、監督をしたドキュメンタリー映画
「映画館物語2007-2008」

 

この時も撮影、監督、編集をすべて
ひとりで行ったのですが
撮影期間は約1年でした

 

今回の自主映画はその三倍の時間と
費用と労力がかかりました

 

メインパートの撮影は終了したものの
これから編集、音響、追加撮影など
まだまだ映画完成までには時間がかかります

 

これまでLUMIX GH2がメインカメラでしたが
STUDIO F+(スタジオエフプラス)として初の
パナソニックの新機種LUMIX GH6を導入


f:id:studiofplus:20220829233032j:image

明らかにGH2では厳しい撮影条件だった
シーンがGH6では軽々クリアになりました

 

編集作業はブラックマジックの
ダビンチリゾルブか、リニューアル以来
愛用し続けているApple FCPXのどちらかで
編集を行います

 

完成は来年を予定
さて、これから編集作業します

まだまだ続いている愚かなロシアのプーチンによる

ウクライナ侵攻が一刻も早く終わり、ウクライナ

平和が戻ってきますように!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCC4wXKHJNR-HkZJ7onE2BLw

 

旧STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

 

 

(スマホ写真)2020年の夏は撮影中

Photo by STUDIO F+(スタジオエフプラス)

 

暑い!

台風が来ていないのに

洪水被害が発生しているという

やはり異常気象なんですね

しかも世界中で大雨やら熱波が発生

地球が壊れつつあるのでしょうか?

 

ノーラン監督のSF映画インターステラー」(2014年)

の世界がまるで現実になりつつあるような気がします

 

いよいよ今週末は

ラストシーンの撮影になります

現在、撮影準備中

 

2020年に製作する予定だった自主映画ですが

コロナ感染症の影響を受け

3年も撮影が進まない状態に

 

一部のシーンのみ2021年に撮影し

それ以降、撮影が完全に停止となりました

 

それでもなんとか

2022年3月に撮影を再開したのですが

コロナ感染が再拡大となり

撮影の再開、延期、再開、延期を繰り返し

ようやく残りカフェでのロケ撮影にて

撮影が終了となります

 

今回の映画撮影は

STUDIO F+(スタジオエフプラス)としての

自主映画製作としては最長の撮影日数を記録

長かった・・・

 

最後に

ウソばかりついている

ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!

ウクライナに平和を!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCC4wXKHJNR-HkZJ7onE2BLw

 

STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

 

(映画館)新しいタイプの映画館とは?

ここにきてコロナ感染の再拡大が

日本全国に広がってます

 

現在も自主映画製作を続けており

2シーンの撮影を残すのみとなり

8月上旬でクランクアップの予定です

いやー長かった

 

コロナがなかったら1ヶ月で

撮影も終わる予定でしたが

飛び飛びの撮影スケジュールとなり

6ヶ月以上の長期にわたる撮影に

 

撮影が終了後、すぐに編集作業に

取りかかる予定ですので

本編完成は早くて11月か来年1月の予定です

 

さて

東京都内でも岩波ホールなど

老舗のミニシアター系映画館の閉館が

相次いでいます

 

コロナ感染の影響と時短営業などが重なり

通常の営業ができなくなった事が

映画館の経営に影を落としたよう感じます

 

さらに

NetflixAmazonプライムなど

自宅でネットストリーミングで

映画が簡単に楽しめてしまう環境が

整っていったことも大きな影響を

与えたように思います

 

経済力のある大手シネコン

なんとか経営が回っているようですが

規模が小さい映画館の経営はかなり

シビアになりつつあります

 

渋谷系ミニシアターが若者の文化の

中心にあった時代は遥か昔の話で

今では映画自体がスマホなどの

携帯端末で簡単に鑑賞できてしまう時代に

 

日芸大学院で映画興行の研究をしていた

私にとって、現在のような映画館の衰退は

予想していたペースよりもかなり早く

進んでいるよう感じています

 

デジタル機器の進歩により

映画を物理的なフィルムからデジタルへ

変化を遂げ、さらに観客側である視聴者が

日常的に使用している携帯電話がスマートフォン

進化したことで、映画はさらなる変化を

遂げようとしている

 

映画館はどうやっても生き残ることが

できないのか?

 

私が思うには

ミニシアターや小規模な映画館が生き残るには

映画館そのものが変わらないといけないと

思うのです

 

つまり

映画館という空間の快適性を今以上に変えていく

必要があるのではないかと思うのです

 

IMAXなど海外発の映画館フォーマットだけでなく

映画を映画館で鑑賞して良かったと感じてもらう

「映画鑑賞に特化した」映画館を作る必要が

あるのではないかと

 

当然

資本力がないと全席プレミアムシートにして

音響設備も最新のものを揃えた映画館など

ビジネス的に不可能な話であります

 

おまけに

この映画館の入場料金は一律1,500円に設定し

隣同士の座席空間もあけて座るようにすると

1スクリーンに入るお客の数は30人程度になり

とても経営できるような話ではないのでしょう

 

しかし

夢を持ち続けることは大事かなと

 

この映画館で映画を観ると

他の映画館で映画は観られなくなる

そんな夢のような空間

 

映画を鑑賞するためだけに作られた

映画館でかつ料金はエコノミー価格

 

当然、ポップコーンなどの販売はなし

飲み物のみ(蓋つき)の販売です

 

どこかの大富豪が余ったお金を投資して

こんな夢のような映画館を世界に1つ、2つ

建設してもらえないだろうか

 

シネコンのような大人数が集まって観る

映画館ではなく、少数だけどプレミア感ある

特別な小さな映画館

 

できればスクリーンは大きい方がいいのですが

 

さて明後日には撮影が再開します

 

STUDIO F+

最後に

ウソばかりついている

ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!

ウクライナに平和を!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

www.youtube.com

 

STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

studiofplus.wixsite.com

 

 

 

(映画レビュー)さがす(2022年)

2022年3月から7月まで

自主映画の撮影を続けています

 

そんななか

「シン・ウルトラマン」に続いて観た映画が

「さがす」(片山慎三監督)でした。

 

 

(出演)

佐藤二朗

伊東蒼

清水尋也

森田望智

 

片山慎三監督といえば「岬の兄妹」(2019年)で

話題になった監督です。

 

「岬の兄妹」(2019年)はDVDで観ましたが

今回の「さがす」はアマゾンプライムで視聴。

 

感想から言うと、冒頭は面白そうな映画でしたが

観ている人に意外性や驚きをもたらそうと

必死で脚本に変化をつけようとしたあまり

疑問符だけが残る結末になっていました

 

この監督、単純な物語を描くつもりはないらしく

突飛なことを物語に詰め込みすぎた感があります

 

ネタバレはしませんが

佐藤二朗さん演じる「父親」が連続殺人犯を

見つけたというところから物語がスタートします

 

しかしその後、伊東蒼さん演じる「娘」を

残したまま失踪してしまうという展開になり

「娘」が失踪した「父」を「さがす」という

流れになっていくという

 

映画を観ていて感じたのは

実際に起きた事件や犯罪をモチーフにしており

「座間9人殺人事件」など

それに「安楽死」の問題を加味させて

「娘」が本当に探していたのは何だったのか?が

ラストにわかる結末に

 

私は自分でも脚本を書くため

「シン・ウルトラマン」などの大作映画以外は

あまり批判しないように心がけているのですが

 

あえて批判をすると

今回の映画「さがす」は脚本が上手く噛み合って

いないことが大きな欠陥になっているなぁと

 

今回の「さがす」の脚本を手がけたのは

どうやら3人いるようですが

 

ラストの結末から考えてみても

肝心の脚本に欠落している所がありました

 

なんだ、こんなつまんない話を

長々と観せられていたのかと

この映画「さがす」では脱力感しか

ありませんでした

 

映画は「ウソ」が「ウソ」だと

お客にバレた瞬間、一気に

映画が面白くなくなります

 

具体的に言うと

お客は常に冷静、客観的に映画を観ており

「ウソ」が分かった瞬間に冷めてしまうのだと

思うのです

 

所詮、映画はフィクションの物語なんですが

「ウソ」を「ホント」に見せて欲しかった

やはり「ウソ」だと分かって観ているのに

なぜかハラハラ、ドキドキしながら観てしまう

そんな映画が本当に「面白い」映画だと思います

 

比較対象としては次元が異なりますが

テレビで久々に観たロバート・ゼメキス監督の

バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作は

本当に何度観ても面白い

 

この映画の脚本は、ロバート・ゼメキス

ボブ・ゲイルの二人が手がけたもの

 

しかもNETFLIXのドキュメンタリーによると

当時のロバート・ゼメキス監督は

スピルバーグの秘蔵っ子と呼ばれつつも

「ロマンシング・ストーン」(1984年)で

ようやくヒットを出した程度の監督で

バック・トゥ・ザ・フューチャー」以前は

鳴かず飛ばずの映画監督だったらしい

 

日本の三谷幸喜氏も語っていたが

バック・トゥ・ザ・フューチャー」の脚本は

まさに映画らしいお手本のような作品で

 

物語の結末を知っているにも関わらず

主人公のマーティ・マクフライがどうなるのか?

ハラハラしながら観てしまう

 

それはなぜなのか?

 

映画やドラマの脚本を書くのは

本当に難しい作業であります

 

「ウソ」の物語なのに

「ホント」に見えてしまう

そんな映画が作れたらなぁと思います

 

さて

私は再び残り2シーンの撮影準備に入ります

 

ロシアのプーチンプーチン政権に厳罰を!

ウクライナに平和を!

 

新STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCC4wXKHJNR-HkZJ7onE2BLw

 

STUDIO F+ (studiofplus) のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus