STUDIO F+のブログ

デジタル映像スタジオSTUDIO F+のブログです。

(グルメ)NHKで朝食を

東京の渋谷にあるNHKスタジオ

以前のブログで

NHK社食の激安ラーメンを紹介しましたが

今回は朝食(モーニング)をご紹介

ラーメン以上にお得なメニューがあり

それが知る人ぞ知る

朝食(モーニング)だったりします

私一番のお気に入りがコレ


f:id:studiofplus:20210801072703j:image

一階の食堂にある喫茶メニューの

モーニングA

トースト、玉子ハムサラダ、コーヒー付で

お値段なんと!

340円!!

安い!

しかも

早朝なためお客も少なく

快適な朝食を楽しめます

 

もう一つのメニューもありまして


f:id:studiofplus:20210801073148j:image

こちらはシリアルとサラダで

お値段、同じく340円

あと

私がお昼に行く「ばらえ亭」にも


f:id:studiofplus:20210801073352j:image

お得なモーニングセットがあります

残念ながら

NHKのモーニングセットは

局内に入館できるパスを持ってないと

食べることはできませんが

もし

NHKに行くチャンスがあった時は

ぜひ!

一階食堂のモーニングセットを

お試しあれ

ただし

モーニングメニューは時間帯が

限られるため

時間にはご注意ください

 

STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus


STUDIO F+公式ホームページ

http://studiofplus.sitemix.jp


新STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus


アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd

https://studiofplus.amebaownd.com/

 

 

 

(デジカメ写真)2021の東京を撮影する

いよいよ始まった2020 TOKYO五輪

バタバタの開会式から一転

試合が始まると選手の闘いに注目

普段スポーツ観戦しない私でも

ワールドカップ、オリンピックは

観てしまいます

f:id:studiofplus:20210727162527j:plain

Photo by STUDIO F+

 

コロナ感染症は相変わらず蔓延中ですが

オリンピック開催を反対していた人もいる中

やはり

オリンピックは開催した方がいいなぁと実感

東京のコロナ感染が拡大し続けているのは

オリンピックのせいではなく

10代、20代の若者が自粛した生活をせずに

無症状のまま活動し続け

コロナを撒き散らしているからでは?

今のところ

ワクチン接種以外に重篤化は避けられないようで

コロナと人類の闘いはまだまだ終わりそうにありません

f:id:studiofplus:20210727163246j:plain

Photo by STUDIO F+

STUDIO F+製作中の自主映画のスケジュールも

キャスト、スタッフ全員のワクチン接種待ちで

ストップしたままではありますが

撮影テストは少しづつしています

東京オリンピックを自宅で観戦しながら

カメラテストとマイクテストを入念に

行なっている次第です

最後に

PanasonicがようやくGH5Ⅱを6月に発表

さらに

ハイエンド機GH6を2021年年内に発表予定

 

 

 

マイクロフォーサーズユーザーの私としては

ほんとうに待ったかいがありました

 

いまだGH2ユーザーの私ですが

いよいよカメラの買い替えの時かもしれません

 


STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus


STUDIO F+公式ホームページ

http://studiofplus.sitemix.jp


新STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus


アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd

https://studiofplus.amebaownd.com/

 

 

(ドキュメンタリー映画)三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実

東京オリンピックまであと3日

いつまでゴタゴタが続くんでしょうかね

 

最近はドキュメンタリー映画ばかり観ています

今回は

豊島圭介監督作品

三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実」

を観てみました

 

f:id:studiofplus:20210720104040p:plain

三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実公式サイトより

 

三島由紀夫氏といえば

私は「仮面の告白」ぐらいしか読んだことがなく

映画は市川崑監督の「炎上」が有名ですね

あとは「楯の会」ぐらいでしょうか

 

三島由紀夫氏の最後は壮絶で

1970年11月25日の自衛隊市ヶ谷駐屯地での

クーデターが失敗し、そのまま割腹自殺を遂げる

 

私がこのドキュメンタリーで観たかったのは

動いて、話している三島由紀夫氏の姿

 

テレビで放映される過去のニュースに登場する

三島由紀夫氏の姿は

市ヶ谷駐屯地のバルコニーで演説する姿がほとんどで

動く三島由紀夫氏の姿を見たことは皆無でした

 

このドキュメンタリーでは

当時の学生運動の組織であった全学共闘会議

東大全共闘と呼ばれる学生組織が

思想を異にする三島由紀夫氏を

東京大学駒場キャンパス900番教室によび

討論会をした際の様子をまとめたもので

 

元東大全共闘のインタビューから

三島由紀夫に関連した人々の解説などを

織り交ぜながら

テレビ局のTBSが撮影した臨場感あふれる

討論会のシーンが流れていきます

 

東大生ということもあり

とにかく議論するのが得意なんでしょう

三島由紀夫氏を何とか論破しようとする

意気込みが画面越しに伝わってきます

 

しかし

さすがは日本文学界を代表する作家

三島由紀夫も負けていません

 

何も見ずにスラスラと自分の意見を言える

三島由紀夫氏を見ると

 

当たり前ではありますが

なんと頭の良い人なんだろうと

関心するほど

 

しかも

東大生が思わず失言すると

大笑いする三島由紀夫氏の姿が

 

あんなに大笑いする

三島由紀夫を映像で見たことがなかったので

かなり驚きましたね

 

三島由紀夫も笑うんだと

(当たり前ではありますが)

 

東大全共闘三島由紀夫氏で繰り広げられる

小難しい討論の内容はともかく

 

日本を代表する三島由紀夫の生前の姿を

見ることができるドキュメンタリー映画として

この映画は評価できるのかもしれません

 

ただ

私が残念に思うのは

三島由紀夫は割腹自殺せずに

2021年の日本に生きていて欲しかったと

思うのです

 

今の日本の姿、社会の姿を

三島由紀夫はどんな風に見るのでしょうか?

三島のペンで現代の日本を書いて欲しかったと思います

 

 

 
決して

私は三島由紀夫氏を崇拝しているわけではありません

しかし

あれだけの文豪が45歳の若さで

自らの命を絶ったことが残念に思うのです

 

小説「新・人間革命」15巻P64に

池田大作先生は三島由紀夫氏の死について

 

「三島が、日本人の空虚な精神性や政治の腐敗を嘆く気持ちは、

伸一にもよくわかった。

しかし、三島は、自分とともに自衛隊が死を覚悟で決起すれば、

政治の矛盾や権力欲などの問題が解決できると

確信していたのであろうか。

伸一には、とても、そうとは思えなかった。」

 

とあります

 

自分は何のために生き、

何を成し遂げるべきなのかを

考えさせられる一文であります

 

 

 

 
ドキュメンタリー映画

三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実は

万人におすすめできる映画ではありませんが

日本を代表する文豪の生き様、考え方を

かいま見ることができる貴重な映像だと思いました

 

私のYouTubeページはこちらです
STUDIO F+のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/studiofplus


 
STUDIO F+公式ホームページ

http://studiofplus.sitemix.jp


 
新STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus


 
アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd

https://studiofplus.amebaownd.com/

 

(ドキュメンタリー)手塚治虫 創作の秘密

前回ご紹介したドキュメンタリー映画
M/村西とおる狂熱の日々 完全版」
片嶋一貴監督)があまりにも面白く

あらためて私はドキュメンタリー映画
好きなんだなぁと実感している次第です

日本大学大学院芸術学研究科の
博士後期課程に在籍していたときも
一番最初に手がけたのがドキュメンタリーで

Otaku Guy from America アメリカから来たオタク」
と言うオタクなアメリカ人青年を追っかけた
ドキュメンタリー短編映画を制作しました

この短編映画は、今はなき映画祭ですが、
川崎ショートフィルムフェスティバルにて
入選した作品です

そんななか、
NHK教育で放送している浦沢直樹の「漫勉」neoで
あのガンダムのキャラクターデザインなどを務めた
安彦良和氏が登場!

f:id:studiofplus:20210630165315p:plain
NHK漫勉neo公式サイトより


私は「クラッシャージョウ」が大好きでして
アリオン」「ヴィーナス戦記」などなど
安彦良和先生の映画、漫画は読んでいます

私の漫画の原点は「名探偵カゲマン」の
山根あおおに先生や「まんが道」の
藤子不二雄先生、「童夢」の大友克洋先生

そして漫画の巨人、手塚治虫先生
のらくろ」の田河水泡先生

サザエさん」の長谷川町子先生

などなど

憧れの漫画家の執筆活動の裏側を
見ることができるなんて
浦沢直樹の「漫勉」と言う番組は素晴らしい!!
現在放送されている数々のテレビ番組の中で
おそらく唯一、見るに値する番組だと思います

私がDVDで買って保管しているものに
NHK特集 手塚治虫・創作の秘密」があります

Osamu




このドキュメンタリーは
NHK総合で1986年1月10日に放送されたもので

漫画の神様、手塚治虫先生の執筆する姿が
鮮明に記録された貴重な映像になっています

手塚治虫先生がお亡くなりになられたのが
1989年2月9日(60歳で永眠)なので
亡くなられるわずか3年前に放送された番組でした

この番組では、現在「漫勉」などで使用されている
高性能なGoProといった小型カメラではなく
当時のカメラを数台、手塚先生の執筆部屋に置いて
撮影されたもののようで

手軽で簡単に高画質な映像が撮影できる
デジタルカメラスマホがある今日とは異なり
当時の撮影にはかなりの工夫が見られます

あの手塚治虫先生が自ら、ペンを握って
原稿に漫画を描いている姿なんて
藤子不二雄先生の「まんが道」の漫画で
見たことがあるだけで

まさか
実際の手塚先生がペンを動かしている姿を
映像で見ることができるとは!!

なんと贅沢な映像なんでしょう

激務で知られていた手塚先生ですが
何本もの連載をかかえながら
締め切りに追われていた姿も
しっかり映像として記録されています

手塚先生みずから立ち上げた
アニメーション制作会社「虫プロ」が倒産し
多くの負債を抱え、その借金を返済するために
漫画を描き続けていた手塚先生

手塚漫画、晩年の傑作
アドルフに告ぐ」「陽だまりの樹」は
今も私の愛読書になっています

実は私が小学生の頃

ちょうど漫画家になりたいと憧れていたころ
手塚治虫先生にファンレターを出したことがあります


数ヶ月後
あの手塚治虫先生から

お礼のハガキが送られてきた時は
大感激しましたね

ハガキの文面や机に向かって暑さでへばっている
手塚治虫先生自身の姿は印刷でしたが
文末の最後には

しっかりと直筆のサインがありました

そのハガキは今でも家宝として取ってあります

NHK特集 手塚治虫・創作の秘密

 
<キャスト>
出 演:手塚治虫
語 り:明石 勇
 
<スタッフ>
構 成:小原 誠
撮 影:高野英二
照 明:宮川正夫
技 術:酒井弘文/堀口弘幸
編 集:松本哲夫
効 果:萩野勝男
制 作:福島祥行/小河原正己
(C)2008 NHK
1986年1月10日放送 総合 45分
 

漫画制作の裏側を記録する
漫画家という普段スポットライトが
当たらないところに着目し
その漫画家が実際に作品を手掛けている
姿を記録映像として残す

これは今を生きる人たちだけではなく、
後世の人たちにとってもとても意味のある、
大切な作業だと私は思うのです

ジャンルは異なりますが
ゲルニカ」「泣く女」を描いた
20世紀最大の芸術家と評される
スペイン出身の画家パブロ・ピカソ

アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の
「ミステリアス・ピカソ 天才の秘密」

1956年製作/フランス
原題:Le Mystere Picasso

というドキュメンタリー映画
ピカソ自らが絵筆を取って、絵を描いてみせる
という映像が記録されています

 

 

決してオーバーな言い方ではありませんが
手塚治虫先生が漫画を執筆している姿は
ピカソと同等、いやそれ以上の価値があると
私は思っています

漫画は日本のポップカルチャーの一つとして
位置付けられることが多いのですが
私に取って「漫画」は、ひとつの芸術作品であり
単なる娯楽ではないと考ています

これは「映画」も同様だと思います

NHK特集手塚治虫・創作の秘密は
なかなか再放送されない番組ではありますが
DVD化されてあるので
ぜひ!一度ご覧頂けたらと思います

私のYouTubeページはこちらです
STUDIO F+のYouTubeチャンネル
 
STUDIO F+公式ホームページ
 
新STUDIO F+公式ホームページ
 
 
アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd

(映画評)M/村西とおる狂熱の日々 完全版(追記あり)

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の興行収入
ついに95億円に!(2021年6月29日現在)

劇場に足を運ばなければゲットできない
レアなグッズの配布が功を奏しましたね

やはりアニメはなんだかんだ言っても
漫画と同じくキャラクターが際立ってないと
ここまでファンが何度も映画館まで
わざわざ行くことはないのでしょう

さらに加えて、メルカリなどのオークションサイトで
転売行為をして金銭を稼ぐ人が多く存在するという
二重、三重の効果が重なって、95億円なんていう
数字になったのでしょうね

そう考えると、あの新海誠監督作品は例外ですね

「君の名は」しかり、「天気の子」しかり
連載漫画の映画化でもなく、劇場専用アニメとして
制作された作品にも関わらず
100億円を超える興行収入を稼いだので

さて、前置きが長くなりましたが
久々にDVDをレンタルして映画を観たので
その感想でも書こうかなと

最近私が観た映画はこちらです

M/村西とおる狂熱の日々 完全版(片嶋一貴監督)

f:id:studiofplus:20210629130109p:plain

村西とおる 狂熱の日々完全版 DVD
 
 
 
とりわけ私のような映像制作者にとって、
「M/村西とおる狂熱の日々 完全版」は
Vシネマの制作の裏側が見ることができる
貴重な1本でした

世界中でもはや誰もNETFLIXの勢いを止めることは
できないのでしょう

ネットフリックス限定配信中の「全裸監督」シリーズで
再脚光を浴びることになった、AV監督村西とおる氏の
生き様ですが

まさに「M/村西とおる狂熱の日々 完全版」こそ
ホンモノ、ご本人が出演のドキュメンタリー映画

このドキュメンタリー映画
1996年の夏の北海道で4時間近くのVシネマ
35本のヘアヌードビデオの撮影を同時に敢行したという
かなりムチャクチャなメイキング映像集です

当時、村西とおる氏は50億近くの借金を抱えており
精神的にも金銭的にもかなりキツイ状態だったことが
ハッキリと映像にあらわれております

怒鳴り散らし、悩み、号泣までする
村西とおる

凄いシーンの連続でしたね

裸の女性(AV女優)を10人以上集めて
野外で童謡を歌わせたり

AV事務所から呼ばれて来た女性陣を見て
村西とおる氏が一言
「ヒドイのばっかり連れて来やがって!」
とAV事務所に怒りの電話をかけるシーンなんて
なかなか観ることができません

そりゃそうだと感じたのは
ダイヤモンド映像の代表だった頃の
村西とおる氏の周りには
とてつもない美女ばかりが集まっていたわけで
野坂なつみ桜樹ルイなどなど

女優一人で数億円稼ぐクラスと仕事をしていた
村西とおる氏からすると
確かに、素人AV女優ばかりがしぶしぶ北海道で
ロケに付き合わされているという現実に
怒りを通り越して、情けなくなった事は
間違い無いでしょうね

撮影態度が悪いAV女優には
村西とおる氏自ら「帰っていい!」と
怒鳴り散らすシーンは必見です

さらにはロケに出発したにも関わらず
ロケ弁(お弁当)の手配が手違いで間に合わず
急遽、路上の弁当屋に駆け込む姿なんて
気の毒にも程があるほどで・・・

とにかく
映像製作を志す人はこの映画を観た方がいい
いかに無謀かつ、無計画な映像制作が
大変なことになるのかを目の当たりにできる作品です

いや〜スゴイ作品でした
 
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2020-12-02
 
 
ちなみに
その村西とおる監督が作り上げた
4時間越えのVシネマというのが
主演ミステリアス・K(プレイメイトジャパン)の
北の国から 愛の旅路」という作品
 

f:id:studiofplus:20210629230744j:plain

北の国から 愛の旅路 DVD

アマゾンなどで探してもプレミア価格化され

1万円!越えなんですが

村西とおる公式サイトだと2980円で購入できます

muranisi.base.shop

私もまだ観てないのですが
購入しようか迷い中(苦笑) 
 
主演女優のミステリアス・Kさん
M/村西とおる狂熱の日々 完全版の中では
村西監督の言うことを聞かずに
乗馬をしてアザは作るわ
森の中で迷って足は怪我をするわ
セリフは覚えられないわで
 
彼女が村西監督に怒鳴られている
シーンがとても印象的でした
 
まぁプレイメイトジャパンなら
女優と言うよりモデルなので
お芝居よりも美貌で売っている方々
ワガママなのはどうしょうもなんですかね
 
さて
映画製作の大変さをドキュメンタリー映画として
観ることができる作品としては他にも

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン
(My Life Directed by Nicolas Winding Refn)2014年があります

 

 マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン [DVD]

アレハンドロ・ホドロフスキー
TCエンタテインメント
2017-08-02


これもぜひ!ご覧ください

私のYouTubeページはこちらです
STUDIO F+のYouTubeチャンネル
 
 
STUDIO F+公式ホームページ
 
新STUDIO F+公式ホームページ
 
アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd

鬼滅商法とヱヴァンゲリヲン劇場版

最後となる劇場版エヴァンゲリオンが公開され

すでに興行収入は80億円を超え

庵野秀明監督がコメントした100億超えも

夢ではなくなりつつあります

 


それにしても

エヴァンゲリオンのような

根強い人気がありつつも

内容が一般客向けではないアニメ作品が

どうやって100億の興行収入を目指すのか?

 


映画館や興行収入を研究してきた私としては

興味のある事柄でありました

 


エヴァンゲリオンという作品に限らず

アニメ作品はメインキャラクターの人気と

そのファンのリピート回数が重要なポイント

になります

 


鬼滅の刃劇場版が樹立した

記録的な興行収入

まさにリピーターのおかげであり

さらに漫画を知らなかった層や

家族などを巻き込んで

517億円という途方もない興行収入

 


エヴァンゲリオンは家族向け映画ではない分

鬼滅の刃と比較しても不利な状況だったはず

 


しかし

鬼滅の刃がやったリピート率を上げる方法

つまり

劇場にリピーターを何度も呼び込む

仕掛けをエヴァンゲリオンでもやれば

なんとか90億円超えが可能なのかもしれません

 


それは

劇場公開中に劇場限定のキャラクターグッズを

入場者に無料配布するやり方です

 


f:id:studiofplus:20210608184413j:image

 

エヴァンゲリオン劇場版グッズより

 

しかも

期間を分けて、複数回、異なるグッズを配布し

非売品としてレア度を高めて集客する方法

 


エヴァンゲリオン劇場版もついには

非売品のコミックを配布するようで

その内容もアニメでは描かれていないものらしく

ファン心理をくすぐる一品に

 


レアグッズの無料配布が

劇場版のリピート率を上げる

きっかけになっているとは驚きではあります

 


このやり方は一部のアニメ映画や

アイドル映画のようなコアなファン層がいる

作品ではないと通用しないのかもしれません

 


私が映写技師をしていた時の話ですが

映画館の営業マンが驚いた

リピート率が凄かった映画は

実写映画だとキャメロン監督の「タイタニック

アニメ映画は宮崎駿監督の「もののけ姫

でした

 


タイタニックは女性のリピート率がすごく

彼氏と観て、次に友達と観て、さらには

家族も誘って複数回映画館に足を運ぶというもの

 


もののけ姫は子供連れの家族が複数

映画館に来ていた影響が大きかったですね

 


無料グッズを配布しないと

映画館のリピート率が上がらないように

なってしまうのは少し怖いですね

 


上映されている映画の内容そのものが

素晴らしく、何度も映画館で観たくなる

というのが根底にあるのでしょうが

 


ジブリのプロデューサー鈴木氏が

あるインタビューで語ってましたが

映画を劇場公開するということは

何が何でもお客を映画館に呼び込まなくては

ならない

 


つまり

映画はヒットしなければ意味がない

というのを「風の谷のナウシカ」で

学んだそうです

 


なので

ナウシカ以降のジブリ映画は

劇場公開が決まるやいなや

コンビニなどとタイアップし

公開数ヶ月も前から大々的な宣伝を

うってますもんね

 


「ポニョ」の時なんかは

あの歌を何度コンビニ内で聞かされたことか(苦笑)

 


興行収入、観客動員は商業映画の定めであり

製作費が莫大になればなるほど

いかに映画の宣伝をし、映画を売るかが

ポイントになるのでしょう

 


いやはや

映画は大変なビジネスなんですね

 

 

私のYouTubeページはこちらです
STUDIO F+のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/studiofplus


STUDIO F+公式ホームページ
http://studiofplus.sitemix.jp

新STUDIO F+公式ホームページ
https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd
https://studiofplus.amebaownd.com/

【スマホ写真ギャラリー】6月の風鈴

私のスマホHUAWEI

ノバライト3で写真を撮影しました

f:id:studiofplus:20210605131500j:image

自主映画製作がいったん停止になり

コロナウィルスワクチン接種まで

キャスト、スタッフ全員待つことに

 

STUDIO F+(スタジオエフプラス)

のブログは複数ありまして

今回はそれぞれのブログに

別々のスマホ写真を掲載中

 

STUDIO F+、スタジオエフプラス

すたじおえふぷらす

など検索していただくと

ブログやページがでてきます

 

なぜSTUDIO F+という名称を

使い続けるのか?というと

 

いずれは

故郷に映画製作スタジオを建設し

思う存分に映画製作をしたい

という思いがあるからです

 

できれば会員制の全席プレミアム

シート完備の映画館も経営したい

 

なんて

途方もない夢を持ち続けている

わけです

 

夢はタダなんでね

 

STUDIO F+のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/studiofplus

 

STUDIO F+公式ホームページ
http://studiofplus.sitemix.jp

 

新STUDIO F+公式ホームページ
https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus

 

アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください
STUDIO F+ amebaownd
https://studiofplus.amebaownd.com/