STUDIO F+ (STUDIOFPLUS) Official BLOG

デジタル映像スタジオSTUDIO F+の公式ブログです

2010-07-01から1ヶ月間の記事一覧

映画評 「INCEPTION」

クリストファー・ノーラン監督最新作 「インセプション」を観ました。 面白かったですねー久しぶりにゾクゾクさせられた 映画でした。 「メメント」という衝撃作を観て以来、ノーラン 監督のファンでもある私は、ノーラン監督作品を 観る時は最低三回は映画…

Star Wars Episode VI: Return of the Jedi ジェダイの復讐

Star Wars Episode VI: Return of the Jedi ジェダイの復讐 1983年に公開された、ジェダイの復讐を観た時は すでに私は中学生になっていました。 前作A New Hope、 Empire Strikes Backを観たのは 私が小学生の時でした。 私が思うに、いい映画は小学生の時…

「Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back」の衝 撃

前回続きです。 「Star Wars 」という映画をビデオやDVDで 観ても面白い事には変わりはないのですが、 衝撃はないと思います。 それはやはり、大画面と迫力の音が再現可能な 映画館という特殊な環境で観ないと、あの 「Star Wars 」という映画を本当の意味で…

Star Wars という映画 その1

私が映画制作を志す切っ掛けとなった映画が、 1977年に公開されたジョージ・ルーカス監督の 「Star Wars : New Hope」です。 ちょうど私が7歳の時に、父親にせがんで観に 連れていってもらった映画でした。 場所は、今でも忘れません、当時大分で一番 大きか…

NINTENDO DS Liteケースの意外な使用方法

NINTENDO DS Liteケースの意外な使用方法 私がAppleのiPhone 3GSユーザーになって、 8ヶ月になろうとしています。 元々は、妹の薦めもあってAUユーザーだった私。 しかし、自宅にインターネットをひかずに、 なんとか携帯とネットが両方できないか?と、 考…

映画評「アイアンマン2」

前作の「アイアンマン」を全く期待しないで観て、 結構面白かったので、今回は続編という事で 映画館で観ました。 感想を一言で言うと、ダラダラしすぎなパート2 でした。 映画の続編の第二弾によくあるパターンとして、 「スターウォーズ 帝国の逆襲」みた…

映画評「コララインとボタンの魔女」2D版

映画評「コララインとボタンの魔女」 恵比寿ガーデンシネマで、2D版を観てきました。 監督・脚本があの『ナイトメアー・ビフォア・クリ スマス』のヘンリー・セリック。 人形アニメの劇場版を「コープス・ブライド」以来 久しぶりに映画館で観ました。 一コ…

オデッサの階段

ロシア映画の巨匠エイゼンシュテイン監督の名作 「戦艦ポチョムキン」に出てくる名場面が、 「オデッサの階段」の虐殺シーンです。 また、アメリカ映画界の技巧派監督ブライアン デ・パルマが手がけた「アンタッチャブル」にも 名物ラストシーンとして、階段…

中国、フランス、日本の映像作家が集合 その2

中国、フランス、日本の映像作家が集合 その2 中国の留学生、呉さんが帰国するので、お別れ パーティを池袋の中華料理屋で行いました。 なごやかな雰囲気で始まったお別れ会でしたが、 この中華料理屋のメニューには、なんと様々な ゲテモノ料理が載っている…