STUDIO F+のPhoto Blog

デジタル映像スタジオSTUDIO F+の写真専門ブログです

香港2020

2020年8月の日本では

最高気温が40度を超えて

異常な暑さが続き

 

その上

日本各地でコロナ感染者の増加と

テレビのニュースは「気温」と

「コロナ」の話題ばかり

 

香港では遂に

民主化運動の中心人物だった

周庭さんが逮捕されたという

ニュースが飛び込んできた

 

私は2018年に香港を訪れました

仕事でも香港に行ったことがあります

そこで一緒に働いた香港人の人々は

いまどうしているのか?

 

中国共産党の香港支配の問題は

中国国内の内政ではありますが

一体どうなっているのか?

 

中国は以前

鄧小平が提示した一国二制度をもとに

社会主義政策を2047年までは

香港で実施しないと言っていたはず

 

それが

27年も前倒しされた本年

2020年に国家安全維持法が施行され

事実上

香港の言論の自由は完全に失われた

 

中国はなぜ、共産党による一党独裁制

長らく敷いているのだろうか?

 

私の推測だが

中国は元来、多民族で成り立つ国家なため

中国で民主主義を導入してしまうと

今まで共産党に抑え付けられていた

民族が挙って自由と権利を訴えだし

国内が政治的、社会的に不安定になり

内紛が起き、分裂する可能性が

あるからではないだろうか

 

現時点では

アメリカのトランプ政権が大統領選挙前

ということもあり、対外的に中国を攻撃し

米中関係はかなり厳しい状態にある

 

その中での国家安全維持法と

周庭さんの逮捕、そして

香港メディア王の逮捕と

民主的な発言を繰り返していた人物は

次々に逮捕されて続けている

 

果たしてこれは正しいことなのか?

 

中国の国土への執着たるや

もの凄いものを感じる

 

もともと香港は中国の国土なので

中国が何をしようが自由ではないかと

そもそも香港の問題は中国の内政問題であり、

諸外国が干渉するなどもってのほかだ

というスタンスを貫いているようだ

 

一党独裁の弊害がここにあると

私は感じている

 

自由で民主的な自治を行っていた

昔の香港の方が私は好きだ

 

言論が統制され、監視され

表現の自由が制限されてしまうのは

映画好きな私としてとても残念に思う

 

かと言って

日本人の私に何ができるのかと考えると

芸術家なら芸術という表現で

今の現状を訴えるしかないような気がする

 

コロナ感染が世界中に拡大している現状のなか

香港の友人に「香港!加油!」と言いたい

 

まだ平和だった香港の思い出を

写真で振り返ることにしよう

 

f:id:studiofplus:20200811190203j:plain

f:id:studiofplus:20200811190213j:plain

f:id:studiofplus:20200811190229j:plain

f:id:studiofplus:20200811190246j:plain


コロナのワクチンが完成するまでは
安心できる状態にないと思いますので
みなさまもくれぐれもご注意ください
 
あまり更新はしてませんが
YouTubeにも実はチャンネルを作っています
STUDIO F+のYouTubeチャンネル

www.youtube.com


 
STUDIO F+公式ホームページ

http://studiofplus.sitemix.jp


 
新STUDIO F+公式ホームページ

https://studiofplus.wixsite.com/studiofplus



アメーバーが提供しているホームページ
amebaownd.comにも
STUDIO F+のページを開設中です
まだ少ししかできていませんが
こちらも御覧ください

STUDIO F+ amebaowndぺージ

studiofplus.amebaownd.com